てんかんは脳の病気ではるか昔では哲学者ソクラテスなどが発症した記録が残るほど古い疾患です。また、老若男女関係なく発症する病気でもあります。しかし予防対策ができる病気なのでその紹介も踏まえていきたいと思います。

てんかんは新生児に起こりやすい?その作用機序とは?

てんかんという病気についてはご存知でしょうか?
おそらくその名前を聞いたことがある方は多いと思いますが、その詳細はよく知らないという方も多いことでしょう。
このてんかんに罹患する人が、昨今増加しています。
その理由としては高齢化社会に伴う年配の方の発症や、仕事や人間関係のストレスが原因と考えられる発症など多岐に及びます。
そのため、すぐにでも解決しなければいけない疾患の一つです。
それに加えて、てんかんという病気は実は新生児をはじめとした小さい子供にもかかりやすいことが知られています。
小児てんかんと呼ばれるこの病気は、1際以下の新生児から1から3歳程度の小児に多く発症していることが報告されています。
あまり知られていないかもしれませんが、もしかしたらあなたの子供さんや近所のお子さんにも生じる危険があるのです。
ただもしもその状況になったときでもこの病気のことをよく知っていて、適切に処置をすれば治る病気でもあります。
そこで今回は、その小児てんかんの内容とその原因、作用機序に関して述べたいと思います。

新生児もかかる可能性があるこの病気は大きく分けて「症候性てんかん」と「特発性てんかん」の二つに大別されます。
前者は先天的異常やお母さんの体内にいるときに原因を受けたとされ、後者はその原因が明らかにされていません。
それぞれで細かい症状は異なるのですが、全てに共通するのは発作を起こすこと。
それが全身性なのか部分的なのかの違いはありますが、しびれや震えなどが観察されるようになります。
またこの病気の作用機序は未だ完全に解明されてはいません。
ただ候補となる物質にターゲットを絞った抗てんかん薬が処方されます。
この薬を飲むことで回復に向かうことができるので、少しでも兆候が見られたらお医者さんに相談してください。