てんかんは脳の病気ではるか昔では哲学者ソクラテスなどが発症した記録が残るほど古い疾患です。また、老若男女関係なく発症する病気でもあります。しかし予防対策ができる病気なのでその紹介も踏まえていきたいと思います。

てんかんの治療薬について

てんかんの場合には、脳に障害が起きてしまっていることから、この障害を、薬で補うために、精神科などで薬が処方されることがあります。その場合、てんかんの患者さんの症状によって、薬は異なってきますが、まず、てんかんの患者さんは強い不安感や緊張感、または絶望的な気持ちを持っているケースが多々あります。そのような場合、患者さんによっては、あまりの強い不安感などから、リストカットなどをしてしまうほどの、強い苛立ちや絶望感をお持ちであるケースがあり、そのような気持ちを抑えるために、薬が処方されることがあります。また同時に、体が硬直してしまうほどの緊張感のような症状が出てしまい、とても眠れる状態ではない、常に体と心が緊張状態と、辛い状態に陥ってしまっている状態を治すために、睡眠薬などの薬や、リラックスさせるための薬が処方されます。これはなぜか?というと、上記のように辛い症状のまま、一日だけでなく、それが長期にわたると、さらに病気が悪化し、てんかんの患者さんの辛い感情などが爆発的になってしまい、暴力的な行為にまで起こってしまうケースがあるからです。睡眠はとても大切であり、また同時に、心と体を休める作用がとても大きいものであるとされており、睡眠がしっかりととれていない場合には、通常に暮らしている人ですら、イライラ感や絶望感、うまく働けないなどの作用が出るものです。このように睡眠はとても大切なものであるため、てんかんの患者さんが、強い絶望の気持ちや不安な気持ちで眠れない、辛い、寝付けない、このようなことを改善するために、また、リラックスをさせるために、抗不安薬や、睡眠薬が処方され、そして、このように体に合った薬が処方されていきます。