てんかんは脳の病気ではるか昔では哲学者ソクラテスなどが発症した記録が残るほど古い疾患です。また、老若男女関係なく発症する病気でもあります。しかし予防対策ができる病気なのでその紹介も踏まえていきたいと思います。

てんかんと似ている病気

てんかんと似ている病気には、どのようなものがあるのでしょうか。てんかんの症状として、突然、暴力的になってしまう、このような症状が出てしまうケースがあります。また、時折、てんかんの患者さんは強い不安感などを持っているため、かなり精神的に不安定になってしまい、リストカットなどを行ってしまうほど、辛い不安感を心で抱えていることが多く、そのため、精神的に不安定な症状が出ており、その不安定な症状から、統合失調症などの症状と間違えられることがあります。なぜ、統合失調症と間違えられるのか?ということについては、統合失調症もとても不安感の強い病気であり、また同時に、突然、心がパニックになってしまい、予期せぬ出来事に出会ってしまうと、症状が出てしまい、その際に暴力的になってしまうことが、あるためです。そのため、このような統合失調症と間違えられることなどがあります。また、リストカットをされてしまうてんかんの患者さんもおられるため、このような症状だけを見ると、不安神経症などのような症状と似ていたり、一見しただけでは、てんかんだと診断されることが難しいケースもあります。また、上記のように、てんかんの患者さんが統合失調症の患者さんと間違えられてしまうことがあるのは、強い不安感から、てんかんの患者さんが眠れない、このようなことがあることから、不眠症となってしまっていることがあるからです。統合失調症の患者さんも、強い不安感から、眠れない、夜にまったく眠気が来ない、このようなことがあるため、強い不安感のために、睡眠薬を飲んでいるケースがあり、このことから、てんかんの患者さんは、うつ病などとも間違えられるケースがあります。